赤ちゃんは便秘になりやすいというのを知っていますか?まだまだ、しゃべることのできない赤ちゃんは、自分でおなかの不調を働き掛けることができません。
パパ・ママが異変に気付いて適切な対処を通じてあげたいものですよね。
今回は、赤ちゃんの便秘はどういう症状なのか、病院に行く目安や予防方法・改善方法などをご紹介します。
大人は自分の感覚で「最近便秘気味になっているな」と判断できますが、赤ちゃんはそんなわけにもいきません。そこで、赤ちゃんが次のような状態になっていたら便秘を勘ぐりましょう。
・いつもよりウンチの回数が減っている
・土手腹が常に張ってある・固い
・ウンチが固い
・ウンチが少量
・母乳やミルクを呑みたがらない、飲んでもすぐに吐いてしまう
・ウンチをしようとやる傾向が映るのに痛がったり、涙する
・おならがいつもより臭い
などです。
赤ちゃんの排便ペースには個人差があるので単純にウンチが何日出てないから便秘です!とこなせるわけではありません。
普段の排便回数や頻度と比べて判断することが大切です。
赤ちゃんがそのままウンチをしないとパパママは心配になってしまいますよね。すぐにでも病院で診てもらったほうが
いいの?っと考えてしまいますよね。
ですが、過剰な心配をする必要はありません。というのも、赤ちゃんは、成長とともに腸が発達するにつれて、一時的に便秘になることがあります。毎日2日ウンチが出ないことがあっても、食欲があって元気に過ごしているのであれば、少し様子をみて、それでも解消しない場合には病院へ連れて行くようにしましょう。
ただし、便秘の背後には病気が隠れることもあるので、胡散臭いことが被るようなら病院へ受診するのが良いでしょう。
便秘の症状があって、食欲や体調、機嫌に大きな心配がない時は、まずはお家で取れる便秘の改善方法を試して下さい。
食物繊維の豊富な食材による料理や、マッサージをする、綿棒浣腸をするなど便秘解消の対策をしてください。
また、オリゴを送ることもおすすめです。
オリゴには、腸内の善玉菌を足し、腸の活動を促してくれるため、便秘改善効果が期待できます。赤ちゃんには、粉末状のオリゴを粉ミルクや白湯に混ぜて与えて下さい。
赤ちゃんの便秘は色々ありますが、大して気負わずに過ごして下さい。http://7-english.jpn.com/